ゆきしめ成長記

娘、しめの育児を漫画や文章や写真で綴る子育てブログです。

臨月の記録!身体の痛みと、不快感。重みは最高に。妊娠10ヶ月目の記録【36・37・38週】【しめ姉ちゃんは2才4ヶ月】

妊娠も10ヶ月目に突入すると、多くの妊婦さんが寝不足によって蓄積された疲労感と、身体の不自由さでへとへとになっていること思います。

 

私の場合は、思えばあっという間に臨月に突入し、あっという間に出産日を迎えた印象の今回の妊娠でしたが、やはり臨月は身体と気持ちのの重みが今までと全く違いました。
 
そんな妊娠10ヶ月目の記録をお伝えします。
 
 
 

赤ちゃんの重さは約3000gに到達。しゃがみ込むほどの股関節痛に戸惑う。

f:id:planterplantan:20160515210641j:image
36週目から骨盤辺りにズッシリとした重みを感じるようになり、時折その場でしゃがみ込むほどの股関節痛におそわれるようになりました。
 
36週目の健診では、赤ちゃんの重さが3000gに到達しているとのことで、先生からは
 

 

「かなり大きなお嬢さん」

「とりあえずこのお嬢さんは頭が大きい」

 

 

 

 

というコメントを頂きました。
 
 
…うん。
確かにかなり重たかったです。
 
 
 

 

 

 

 

自然と3時間おきに目覚め、寝不足に。

 
夜、3時間おきに必ず目覚めるようになりました。
その結果、日中眠たくなることがとても増えました。
 
「あぁ、早く産んでしまいたい…」
と切に思うようになりました。

 

 

 

 

車の運転を止めました

 
かなり車に頼る生活をしていたのですが、運転中のお腹の張りや、眠気、イライラしやすくなったこと、後ろを見にくくなったことから車の運転をやめました。
 
その結果、近所しかうろつけなくなり【誰か家にいてくれないと不安】な気持ちがとても強くなりました。
 
幸いゴールデンウィークがすぐに始まったので、本当に助かりました。
 
 

 

店じまい。産休に入りました。

 
36週目から産休に入りました。
寝不足や身体の痛みを考えると、机上で出来るお仕事と言えどもやはりこの位が常人の限度かなと思います。
 
 
2人の子供の育児と仕事の両立をどの様にするのか、悩ましいところですが両方が大好きなことなので楽しみながら出来るように頑張ります!
 
 
 
 

近所の実家に里帰りしました

37週目に実家へ里帰りをしました。
 
 
体調の優れないときはしめじじ、しめばば、しめひいばば、おじき(私の兄)誰かしからがしめのことを見てくれるので、
毎日昼寝したいときに昼寝できる環境をご提供頂いておりました。
 
実家へ戻ってからはお腹が張ることも少なくなりました。
 
 

 

正中線現る。おへそはとうとう真っ黒に

 
出て来ないな~
と思っていた正中線が臨月に入って突然現れました。
そして、なぜかおへそが真っ黒に変色してしまいました。
f:id:planterplantan:20160516105028j:image
 
2才の感性でも同情されるくらい黒いです。
 
 
 
 
 
 

しめ姉ちゃんは2才4ヶ月!

先月のイヤイヤから考えると、信じられないほどに素直ちゃんになってくれました。
 
 
先月は何か言うと
「やだ」
「しない」
しか言わず、説得しようとしても泣きわめくことも多かったのですが

f:id:planterplantan:20160516105753j:image
と素直に行動してくれることが増えました。
 
 
ゴールデンウィーク中、人手があったため二人きりの時と比べて要求を聞いてもらえることが増えたことと、
 
里帰りをしてから毎日誰かしら公園へ連れて行ってくれたり、自分の望むことの説明が比較的上手にできるようになったことで、
 
しめの心もひとまず落ち着いたのかもしれません。
 
 
おそらくまた波は来るかもしれませんが、臨月に落ち着いてくれて一安心でした。
 
 

 

すごく優しい

f:id:planterplantan:20160516110159j:image
(あかちゃん)
とこまめに話しかけてくれます。
 
また、私が赤ちゃん今何してる?と聞くと
「しっと」(しっこ)
「ねんね」
「い~ってしてる」
と答えてくれるのも微笑ましかったです。
 
 
妊娠している友人のお腹も優しくなでなでして、話しかけるシーンもありました。
 
 
また、先月は
私が「いたい……」と言うと
負けじと

f:id:planterplantan:20160516113745j:image
腹痛を訴えて来たのですが
いつの間にか「おくすりすーる?」と言ってくれるようになりました。
 
親バカながら、素晴らしい優しさだ…!と感動せずにはいられませんでした。
 
 

 

激しいママ(まんま)愛

私へのまとわりつき、抱っこ要求、そしておっぱいへの愛情表現がより激しさを増しました。
f:id:planterplantan:20160516114126j:image
それでも、
「赤ちゃんにまんまあげても大丈夫?」
と聞くと
「うん」「いいよ」
と言ってくれました。
 
そんなところも健気で泣けました。
 
 
 
 

 

言い聞かせても、何をしても、やっぱりさみしい

 
臨月に入ってから入院に向けて、しめには一日何度も説明をするようにしました。
 
これが良かったのか、寂しさをあおってしまったのかはわかりませんが…。
 
 
入院が近くなると
f:id:planterplantan:20160516114645j:image
と、何気ないときに抱きしめてほしい旨を頻繁に伝えてくるようになりました。
 
 
入院前後の様子はまた改めてお伝えしたいと思うのですが、家族と離れて過ごすことは大人でも寂しいものです。
 
2才ながらも理解して納得する姿は切なく、健気で、頼もしくも思えました。
 
 
 
 
そしてそして
 

昨日(5月16日)無事に第2子が誕生しました!

 
取り急ぎ、いつも心配して頂いている皆様に報告させて頂きます。
 
大きな女の子が生まれました。
私も赤ちゃんもとても元気です(*^_^*)
 
絶食が続いておりますので、腹ペコですが前回に比べて体調が良すぎて驚くほどです。
 
 
しめの成長過程から順々に時系列を追って、出産の様子などは来月頃からこちらに書き残して行けたらと思っております。
 
 
引き続き、よろしくお願いします。
 
 
 
 
本日も最後までお付き合いありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
あわせて読みたい関連記事⬇