読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきしめ成長記

娘、しめの育児を漫画や文章や写真で綴る子育てブログです。

子連れで笠森観音・千葉の田舎旅行!四方懸け造りが見事でした【1才5ヶ月】

1才5ヶ月
初夏の晴れた日に、
千葉へ小旅行して参りました。

本日はその様子をお知らせ致します。




自宅から車で約3時間。
目指すは千葉県茂原市某所にあります親戚の
住む田舎です。


途中、笠森にあります

パワースポット笠森観音

というお寺さんへ立ち寄りました。


しめばぁば「テレビでもやってたんだよ」

しめひいばば「私なんか観音巡りで~うんぬん何回か~うんぬん」


ばばたちきっての願いで立ち寄った観光スポットだったので
私としては

f:id:planterplantan:20150923000044j:image
こんな気持ちだったのですが…


ところがどっこい笠森観音はとんでもなかった!

…とんでもなかったという表現は
いかがなものかと思いますが、
すごいお寺だったので紹介させてもらいます。


気持ちの良い森の中の階段を一生懸命上ります。
しめはじじにおんぶしてもらう。


山の頂上に立派な門と、
観音堂がありました。

境内で石を拾うしめ。
お寺やお墓は石だらけなので、石好きのしめには夢のような世界のようです。

その後ろにそびえるのが
国指定重要文化財の笠森寺観音堂です。

奈良時代から続く歴史の深いお寺です。



崖などの斜面に張りだしている

『懸け造り』

の建築に分類されるそうなのですが、

こちらの観音堂は

『四方懸け造り』

なので巨大な岩の上にポツンと(ドーンと)建てられている日本唯一の建築物だそうです。

f:id:planterplantan:20150923001240j:image
山の頂上の、更に岩の上。
空に近づくために昔の人はここまでしたのでしょうか。

「こういうのをパワースポットって言うんだろうな」
この並々ならぬ思いや歴史の詰まった建築に私はパワーを感じずにいられませんでした。


柱の根元は
f:id:planterplantan:20150923001639j:image
こんな感じです。
現在は金物で固定してあります、
建築当時はどうなっていたかを考えると
胸が熱くなりました。


とても急な階段を登りきると、
360度回廊の観音堂へたどり着きます。

しめも回廊からの眺めにうっとり
f:id:planterplantan:20150923003733j:image
というか大喜びで、
高所+1歳児の早歩きにハラハラして
まともに見学できませんでした。
f:id:planterplantan:20150923002947j:image
またゆっくり見に行きたいです。



鐘をつくしめじじ。
f:id:planterplantan:20150923003628j:image
しめは「ヒィイ!」と怖がっていました。


くぐれば子宝に恵まれる
という木の穴をくぐってきました。
しめは丈夫に育ってくれるように願をこめて。
f:id:planterplantan:20150923003721j:image
安産や子育ての祈願に来られている方も多いようでした。

観光スポットとして充分に見応えのある
素晴らしいお寺でした。

服装はズボンや動きやすい格好で行かれることと、1歳児と行く際は体力に自信のある方のみ行かれることをおすすめします!





そして、千葉の親戚の田舎へ…


親戚の家に入って早速

f:id:planterplantan:20150923004254j:image

と何かを嫌がるしめ。
その視線の先には

f:id:planterplantan:20150923004633j:image
私の従兄弟が保育園で手がけた犬のお面がありました。

あまりに怖がるので、滞在中は裏返しておくことにしました。



野菜畑では、ジャガイモやキュウリやナスやトマトが収穫の時期を迎えておりました。


初めてのジャガイモ掘りでは、
何やら土いじりを熱心に行っておりましたが
ふと我に返り
土の付いた自らの手や服を見て
f:id:planterplantan:20150923005140j:image
と叫んでいました。

しめよ、そこまでイヤか!

汚れ慣れしていないしめにとって
これは貴重な体験になったと思います。


夜は田んぼへホタル観賞へも行ったのですが
虫の苦手なしめは

「イヤ!」

と一蹴りするだけでした。

ホタルはまだ早かったか!



親戚の家では猫2匹と犬1匹が暮らしているのですが、
滞在中しめは猫と犬を見かけるたびに
f:id:planterplantan:20150923004810j:image

f:id:planterplantan:20150923004825j:image
といちいち反応しておりました。

おそらく、しめの人生で
「あっわんわん」
を1番口にした2日間になったと思います。



田舎で過ごしたのは2日間でしたが
ここがもし私の実家で、私が世帯主だったら仕事を辞めてここで農業をして暮らすだろうな。

と思うほど魅力的でした。


子供のいなかった時は

「近所にコンビニも駅も食事するところも遊ぶところもない所なんて絶対に住みたくない!」

と魅力を感じなかったのですが。


しめのキラキラした目や、
のびのびと遊ぶ姿や、
自然に慣れていく姿を見て
「あー、こんな所で子育てできたらステキなんだろうな」
と思いました。


子供がいるといないとで、
こんなに気持ちが変わってしまうものなのですね。


新居が完成したら、
とりあえず子供に土汚れ耐性をつけさせるためにも
家庭菜園にチャレンジしてみたいと思います。



親子共に貴重な体験ができた
小旅行でした。



本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!




あわせて読みたい関連記事⬇