読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきしめ成長記

娘、しめの育児を漫画や文章や写真で綴る子育てブログです。

1歳児A型インフルエンザ完治までの記録【1才0ヶ月】

1才0ヶ月

発症当日

いつもよりよく寝て、

一人で大人しく遊ぶなぁ~
なんて思った日の冬の夜のこと。

f:id:planterplantan:20150803203806j:image
しめはなかなか眠れず、
テレビを大人しく見ていました。
非常に珍しいことでした。
 
 
夜も更けてきたので
寝かしつけようとすると、
しめの頭が異様に熱いことに気がつきました。
 
まさか・・
と思い熱をはかってみると
39.6℃という過去最高の発熱でありました。
 
 
焦った私は、とりあえず小児救急電話相談へ連絡をしました。
 
(母子手帳に記載がありますが、
いざとなるとかなり動揺してしまったので
どこかわかりやすい場所に貼り出しておいた方がいいと感じました。)
 
病院が閉まっている時間帯に、
急病時の対応を看護師さんがアドバイスしてくれるダイヤルです。
 
 
まず性別、症状、ご機嫌を聞かれました。
f:id:planterplantan:20150803204805j:image
 
その後に服装。
この時しめは、長袖肌着+フリース地のロンパース+スリーパーを着用していました。
 
「あー、着せすぎです。
肌着1枚にしてあげてください
ご機嫌は良いようなので、焦らないで大丈夫ですよ。
明日以降様子を見て診察を受けて下さい。
 
なんとも冷静なアドバイスをいただき、
私も落ち着きました。
 
f:id:planterplantan:20150803205233j:image
しめを肌着1枚にして、その晩はちょこちょこ様子を伺いながらもグッスリ眠る姿に安心しました。
 
 
 
 

2日目

午前中は平熱に戻っており、機嫌もよかったので
「知恵熱だったのかな」
なんてのんきに考えておりましたが、
午後になるとまた38.8℃まで熱が上がっておりました。
 
土曜日のため、救急対応をしてくれる少し遠くの病院へ行くことに。
しめばばさんに協力を要請して、
3人で病院へ向かいました。
 
 
病院に着くと、優しい音楽が流れており
しめはそれに合わせて踊っておりました。
f:id:planterplantan:20150803205511j:image
診察と、インフルエンザの検査を受け

f:id:planterplantan:20150803205723j:image
結果を待つと
 
「インフルエンザA型の陽性が出ましたよ」
 
と明るく言い渡されました。
明るく言ってもらえると、こちらの衝撃も減りますね。
 
出席停止(何にも属していませんが)の説明や、薬の服用の注意点を聞いて病院を後にしました。
f:id:planterplantan:20150803205911j:image
 
帰り道に、しめの好きな食べ物を買って帰りましたが
結局5日間は母乳しか口にしませんでした。
 
 

3日目以降

とりあえず、出席停止の期間は家で安静にしていることにしました。
 
しめは引き出しをジャーしたり
f:id:planterplantan:20150803210209j:image
 
バーしたりして
f:id:planterplantan:20150803210237j:image
 
過ごしておりました。
熱があるため、疲れるのか寝ていることが多かったです。
 
3日目の午後からは解熱し、
あまり重い症状にならずに終息へ向かい安心しました。
 
 
発熱の記録です。
f:id:planterplantan:20150803211027j:image
症状は食欲不振と、発熱のみでした。
 


f:id:planterplantan:20150803212130j:image

5日目には以前のように食べられるようになりました。(超小食ですが)
 
 
 

考えられる感染ルート

発症前日に
仕事の打ち合わせでしめを連れて
会社へ出向きまして、
おそらくその際に感染してしまったのだと思います。
 
社員2人がインフルエンザで休んでいる
 
という状況だったので。
 
 
 
 

家庭内で感染しないように気をつけたこと

  1. しめ父の寝場所を別の部屋にするf:id:planterplantan:20150803210525j:image大黒柱に倒れられては困りますので!結局しめが遊びに行ってあまり意味がありませんでしたが…
  2. 一日一回30分以上空気の入れ替えをする
  3. 加湿して、室内の湿度を50%以上に保つ
  4. 外出していなくても手洗いうがいを小まめに行う
 
とりあえず、この4つを心がけました。
 
 
 
しめ父と私は事なきを得ましたが、やはり子供の病気は避けたいものです。
 
 
今年の冬もどんな病気が流行るのか、
非常に怖いのですが
子供は免疫力が低い
ということを再認識して行動しなくてはならないな
と反省した出来事でありました。
 
 
↓合わせて読みたい関連記事↓

 

planterplantan.hatenablog.com

planterplantan.hatenablog.com

 

 

planterplantan.hatenablog.com

 

 

 

planterplantan.hatenablog.com

planterplantan.hatenablog.com

planterplantan.hatenablog.com

planterplantan.hatenablog.com

planterplantan.hatenablog.com